FC2ブログ
2019-07-22 08:42 | カテゴリ:リア姫
ジャンル:ペット テーマ:キャバリア
リアのジーやです

リアが2019年7月20日(土)17:30に永眠いたしましたのでお知らせします
10年6ヶ月の命でした
昨日(7/21)、火葬いたしまして無事に虹の橋を渡ってくれたものと思います

私たちの家に来て10年と2週間であっという間の10年でした
いろいろやらかしてくれるお転婆なワンコでしたが
私たちの中心の存在でした
楽しい思い出をいっぱい残してくれました
私たちにとって本当に幸せな10年でした

リア、うちに来てくれてありがとう!
先に行って待っていてね
どのくらい先になるかはわからないけど
いずれ私たちも行くことになるので
その時また3匹で過ごそうね
楽しい幸せな時間をくれてありがとうね
最後は辛かったと思うけど
これからは安らかに過ごしてね


ここから長文です

前回のブログにあるように近所しか散歩しなくなったリアでした
ほんとうによく寝ているようになっていました
夜鳴きも時々あって
老いと認知症が進んできたのかなと思っていました
でも食欲はあって私たちの宴に元気に付き合ってくれていました
先週初めぐらいから寝床にしていたハウスで夜寝ていても
夜鳴きしてハウスから出してやると
ハウスに戻らず徘徊後
そのままハウスの外に置いてある姫ベッドで寝るようになりました
認知症が進んできたね
これから大変だね
最近のリアは顔が険しくなってきたよね
などとバーやと話していました

先週水曜日ぐらいからだんだん元気が無くなってきた感じがしていましたが
水曜日の夜の私たちの宴には元気に参加して
テーブルの下でおやつをもらって喜んでいました
水曜日の夜中にも夜鳴きがあってハウスから出て寝ていました
木曜日も日中はほぼ1日寝ていたとのことでしたが
木曜日の夜の私たちの宴には参加して
少し元気具合が弱いけどテーブルの下でおやつをもらって喜んでいました

木曜日の夜中にも夜鳴きがあって
その時はバーや一晩中、リアのそばで寝て様子を見てくれましたが
寄り付きもしなかったそうです
いきなりハウスが怖くなったようで逃げるように駆け出してきたと思ったら
今度はまた別の場所が怖くなったようで逃げるように別の場所に行ったりの繰り返しだったとのことでした

金曜日の朝、私を見送ったバーやは
リアの朝食の準備をして持っていっても
ご飯も水も口にすることができず、まったく起き上がれない状態だったので
びっくりしてかかりつけの動物病院へ連れて行って診てもらったそうです
腎機能の数値が悪化しているので尿毒症の可能性があるとのことで
点滴治療を一週間毎日することになり
点滴後うちに戻ってきて、しばらくは大人しく寝ていたそうです
でもいきなり何かに怯えるようにパッと起き上がり
どこにそんな力があるのという感じでドタドタドタと走って逃げて
そこで寝てはまた何かに怯えてパッと起き上がりとの繰り返しだったそうです

金曜日の夜、残業して少し遅くなった私は
家に帰るとリアがバーやの足元でうつ伏せ状態でいました
声をかけると尻尾を弱々しげに振ってくれました
昼間の顛末を聞いていると
もぞもぞリアがしているので
身体を持ち上げるとふらふらと動き出し、うんちとおしっこをしたので
良かった、良かった、うんちとおしっこが出て!
と二人で喜んでいました
ほとんど自力では立てない状態でした

金曜日の夜中には
普段はしなやかに動く足音とは違ったドドドドドドーと大きな足音を二回聞いたので
土曜日の朝、バーやと
きっとまた怯えたんだね
どこにそんな体力があるのかな
と話していました

土曜日の朝4時ごろ起きてリアの様子を見に行くと
床にうつ伏せして大きな目を動かしているリアがいました
おはよう、リア、そこがいいの?
と声をかけると弱々しく尻尾を振ってくれました
しばらくはそのままにしていましたが
自力では起き上がれない様子なので、その後、姫ベッドに横にしてあげました
起きてきたバーやに、
昨日すごく怖がっていたのに自分で姫ベッドに移動したの?
と聞かれ、
床にずっとは可哀想なので抱っこして移動したよ
と答えたのを覚えています

土曜の朝、朝一番で診てもらおうと準備している時の様子は
姫ベッドの上でギョロギョロと目を動かし時々尻尾を振っていたので
バーやとあの尻尾の振りはなんだろうね
などと話していました

そしてカートに乗せて病院に出発しました

初めて見る皮下点滴は
結構痛そうだな
リア、一週間も大変だな
などと思っていました

先生に意味なく尻尾を振ることや夜中のことを話したら
興奮剤が点滴に少し入れていたので今日は無しにして
徘徊が酷くなったら徘徊用のサークルがありますよ
などと会話をし
心臓の音のチェックもしてもらって
特に雑音は聞こえないということだったので
キャバリアなのにこの歳まで無事でよかった!
リアは心臓だけは無事だね!
認知症のサプリは飲ませても大丈夫?
などとみんなで話したものでした

家について姫ベッドにリアを横たえ
寝るのかなと思っていたらしばらくたっても寝ません
大きな目をキョロキョロさせて
時々泳ぐような足の動きをさせていたので
バーやに昨日もこんな感じか聞いたところ違うというので
急いで病院に電話を掛けると
診療時間外でも診るのですぐに連れてきてということだったので
タクシーで病院に向かおうと電話を掛けたけど一向につながらないので
カートにリアを入れて駆け足で病院に連れて行きました

病院はあいにくまだ順番待ちの人がいっぱいました
リアは目も開けず荒そうに呼吸をしていたので
早く順番にならないかなと思っていました
途中女の先生が呼吸がちゃんとできているか舌の状態をチェックしてくれましたが
特に酸素を吸わせる必要は無さそうとのことでしたが
異変があったらすぐに呼んでください
とのことでした

やっと次の次の順番になって
リアの様子を見ているとなんだか呼吸がさらに荒くなったような気がしました
看護師さんがどうですか
と聞いてくれたので「さっきより荒く感じます」と答えたら
女の先生が診に来てくれて次の順番を譲ってくれるように交渉してくれて
次に診てもらえると思っていたら
呼吸がだんだんと落ち着いてきて
眠ったのか、順番を譲ってもらって悪かったかな
などと思っていたら
そのうち息をしていない感じになって足がぴーんと張るような感じになって
変、様子が変です
と大声で叫んで
女の先生がすぐに飛んできて
これは!
とリアを抱き上げて処置室に連れて行きました

そこで待っていたください
とのことだったので
バーやと二人で手を取って待っていましたが
この時点では、
息が止まったのを見ていたので
もうダメだと二人は思っていました

しばらく待って処置室に入るように言われたので
亡骸のリアと対面するのだと思って
処置室に行くと
モニターから流れるピ、ピ、ピという音が聞こえて
人工呼吸器に繋がれたリアがいました

院長先生から
なんとか心拍が回復したけど息が弱いので
人工呼吸器で呼吸を維持し意識はあまりない状態です
人工呼吸器を嫌がる状態になれば意識が回復します
自発呼吸ができるようになれば家に帰れます
血液検査の結果、皮下点滴をしたにもかかわらず
腎機能の数値が悪化していて
午前中の診察時になかった心雑音が聞こえているので
突発的に心臓弁が破れたと思います
今まで心雑音がなかったのはきっとギリギリ心臓弁が破れないぐらいの状態だったと思います
腎臓とサポートすると心臓に負担がかかり
心臓をサポートすると腎臓に負担がかかり
自発呼吸ができるようになったとしても
今後の治療はかなり難しいものになると思います
との説明がありました

自発呼吸を目指して人工呼吸器などの調整をして頂いていました
人工呼吸器を嫌がり始めたので
外して酸素マスクのみになりました

酸素マスクも夜には外せそうかな〜と思っていたら
院長先生からレンタルの自宅用の酸素室の案内がありました
今晩、家に連れて帰っても酸素室があったほうがいいとのことで
レンタル会社に電話を掛けましたが配達も取りに行くのも明日なら対応可能で今日は無理とのことでした
病院側に話したら、
もう一社あるとのことで確認してもらったけど対応できないとのことで
私が断られた会社に病院側からプッシュしてもらったところ
16:30までに取りにくるのであれば貸し出し可能との返事をもらいました

これまでの経過から
このあと自発呼吸が完全に回復したとしても
もって数日かなと正直思いましたが
最後は自宅で看取ろうと覚悟を決めました

最寄り駅まで病院関係者の車で送ってもらい
レンタル会社まで向かいました
最寄り駅から乗り換えを含めて電車で30〜40分
レンタル会社の最寄駅から徒歩10分の距離です
16:30は少し過ぎそうだけどなんとかなりそうでした

レンタル会社の最寄駅に到着してスマホを確認したけど
何の連絡もないので、リアは無事かぁ
と思いながらレンタル会社まで急いでいると
バーやの携帯から電話があり出ると
病院の方から
リアちゃんの容体があのあと急変して心臓マッサージをしています
奥さんからすぐに戻ってきてくださいとのことです
という連絡が入りました

亡骸のリアに対面することになるんだろうなと思いながら
急いで引き返して病院に戻ると
心臓マッサージをされているリアの姿と
バーやの
パパが戻ってくるまで頑張ろうね
という声が聞こえ
急ぎリアの顔のそばまで行き
リア、戻ってきたよ
戻ってきたよ
と声を掛けたと思いますがよく覚えていません
涙が溢れて
その間も心臓マッサージをしてくれました
そして私から
先生、どうもありがとうございました
もう大丈夫です
と声かけてマッサージをやめてもらいました

病院の方々にリアを綺麗に処置して頂いたあと
リアとバーやと私で家路につきました

バーやによると
自発呼吸に向けて酸素の量を調整しながら様子をみていると
ある瞬間
脈拍があれよあれよと下がっていったそうです
一旦処置室から出されて
再び戻った時には心臓マッサージを受けているリアの姿があったそうです
私に電話をする前から心臓マッサージを開始していたとのことで
先生たちは3人で代わる代わる交代で
私が戻るまで一時間以上マッサージをしてくれていたとのことです

不思議なことにリアに
パパが戻ってくるまで頑張ろうね
というと50ぐらいまで下がった脈拍が急に120ぐらいまで上がったとのことです
私のことを覚えていて聴覚もあったんだと思います

先生たちの努力とバーやの掛け声のお陰で
リアの最後に立ち会えました
病院の方々には本当に感謝、感謝、感謝です!!

今考えると
8歳ぐらいに耳が聞こえなくなったのが最初の兆候だったのかなと思います
SLEと診断確定されたのが去年の9月
その後も色々とありましたが
一時期奇跡的に以前のリアに戻り
その後は認知症なのかな〜老化かな〜と思いつつ過ごしていました


バーやも私もまさか7/20にリアが亡くなるとは思ってもみませんでした
一週間の点滴治療を受けた後にはある程度回復して
これからSLE、腎臓と認知症との戦いかなと思っていました
心臓病がなかったので12歳から13歳ぐらいまでは生きてくれるものと思っていました

バーやとは
きっとギリギリ頑張っていたリアの身体がここにきて突然悲鳴をあげたんだろうね
動けない身体で突然逃げ出すようにどどどどどーと逃げたのは自分の死期から逃げようと頑張っていたのかもね
などと話しています

リアが本当に苦しかったのは2、3日だったと思うので
この結果はこれで良かったのかもしれないと思っています
もちろん長くは生きて欲しかったですが

リアは木曜日の夜の宴に最後の力を振り絞って参加してくれたんだと思います
リアは本当にいい子で、可愛くて、表情豊かたで、賢くて、面白くて、優しい子でした
こんないい子を私たちにもたらしてくれてありがとう!


長い間、ブログを応援してありがとうございました


ランキング参加しています

あなたの1クリックが励みになります♪
スポンサーサイト



2019-05-04 10:30 | カテゴリ:リア姫
ジャンル:ペット テーマ:キャバリア
お久しぶりです💦
前回の更新からずいぶんと経ってしまいました
その間、リアにいろいろありましたが
今日(5/4)、10回目のセカンドバースデーを迎えることができました!
(((o(*゚▽゚*)o)))
もうお散歩も長くて30分、短いと10分しか行かなくなって
若ワンコの時とは違うリアですが
長く生きて欲しいものです

簡単に前回の更新から今日までのリアの様子を書いていきます
長文です😥

免疫抑制剤を投与しているからお散歩厳禁とのことで、
元気なのにお留守番ばかりさせていたら、
うちに帰ってくると、リアを入れていたハウスが大移動していたり
うちに帰ってくる前に、リアが家のなかから吠えていることがあったり
することが見られました。。。

そして留守番ではなく、私たちが家で寝ていても
一晩中、吠える日々が続くように。。。
低い声の遠吠えのような鳴き声で。。。
心細いのかと思って、ハウスから出しても
部屋中を
うぉ〜ん、うぉ〜ん
言いながら徘徊して。。。
私たちのこともわからないような感じで。。。

動物病院の先生に話したところ
「それは痴呆ですね」
と。。。

遠吠えは一旦収まったけど
日中も私たちによそよそしい感じで接するようになりました
休みの日などジーやの足の間に丸まっていたのに
寄り付かない感じに。。。
顔の表情も無表情な感じに。。。

お散歩なしでお留守番ばかりで仲間はずれにされて
精神的におかしくなったと思い
少しお散歩に連れ出すようにしました
でも以前のリアだったら
横断歩道、車、高いところ、水を怖がって
抱っこや腰を抜かす箇所でも
スタスタと何事もなかったように歩くようになっていました
まるで別犬のように。。。

家のなかでこれまでほとんど失敗がなかったトイレも
いつも失敗が続くように。。。
昨年のクリスマスイブの朝、ハウスを覗くと
ハウス内でウンチとシッコにまみれたリアが。。。
すぐにお風呂にいれましたが。。。

そしてクリスマスの日には
テンカン発作で全身の震えが5分程度発生!
直後には立ち上がれないリアが。。。
初めてみるテンカン発作!!
びっくりして病院に連れて行くと
先天性か後天性かわからないとのこと
今までなかったのなら、脳に何かあって発生したのかもと。。。
回数が多くないのであれば様子見とのことで
様子をみることに
幸い、その一回以降は今日まで発生していません

その後しばらく小康状態で
夜鳴きもなく
トイレを二倍に拡張したら
トイレの失敗もなくなり一安心
歳を取って狭く感じるようになったのがトイレ失敗の原因だったのかもしれないです

そろそろお留守番させても大丈夫かなと思った頃
リアが寝ている間に買い物に行ったところ
帰ってくると
リアは起きていて吐いた跡が。。。
お留守番はダメだと思い、今日までお留守番は無しです。。。

お留守番はダメだけど
だんだんと調子は良くなってきて
聞こえなくなっていた耳がなぜか聞こえるようになりました!
これには(これにも?)びっくり!!

そしてだんだんと昔のリアが戻ってきて
表情も豊かになって
私たちに寄り付くようになって
ジーやの足の間で丸まって寝るようになったり
お散歩時も横断歩道や車などを怖がるようになって
以前のリアが戻ってきました!!

お散歩も二時間ぐらい行けたときもありました!
今は体力が落ちたのか長くて30分ですが。。。

リアの中で何が起きているのかわかりませんが
このぐらいの状態で長く生きて欲しいです

今の一番の心配は薬の副作用です
薬の影響のせいか
毛が少なくなっちゃいました
尻尾なんて昔はフサフサだったのに
本当に少なくなって鉛筆のようです。。。
お腹はほとんど毛がなくなって。。。

減薬を試みるところです
20190504a.jpg



2019050402.jpg



ランキング参加しています

あなたの1クリックが励みになります♪
2018-10-08 13:14 | カテゴリ:リアの病気(?)・病院
ジャンル:ペット テーマ:キャバリア
ご無沙汰してます。
約半年ぶりの更新になります。

どんどん元気が無くなっていくリアを見ているとブログを更新する気力がでなかった。。。

前回の更新後(5月から)からのリアの様子はというと、

足が痛くなってきて、座るのに苦労するようになりました。
十字靭帯を切った後ろ左足が悪化したのかと思いました。
しばらくすると反対の後ろ右足も痛そうにするようになりました。
左足をかばって反対側も痛めたのかと思っていました。
病院の先生に見せると、
「特に曲げるときに痛がる様子もないし、腰を痛めているのかも」
と消炎剤をもらいました。
しかし、あまり効いている様子もなく
そのうち、座ることができなくなり、横に倒れるように寝る(倒れる)ようになりました。
先生には、足の筋力を落とさないように毎日散歩するように言われていたので
30分ほど散歩に連れ出していました。
週末のジーやとの散歩は喜んで行っていましたが
平日のバーやとの散歩は聞こえないふりなどして30分ぐらい説得して出かけていました。
そのうちジーやとの散歩も行きたくないと。。。
普段の生活においてもだんだん動くことが少なくなってきて
表情もあまりなくなってきました。
先生に診てもらっても
「7歳からわんこはシニアだから、年齢のせい」
とだけ言われて。。。
夏になると常に暑そうにしていて
一日中横になっていることが多くなり
大好きだった食事も勢い良く食べることがなくなって
食事に飛んでくることもなくなり
食事をするのも一苦労になって
ひどいときには一粒ずつあげないとならないような状態になりました。
このような状態でシャンプーしたら
次の日から鼻をフガフガ鳴らすようになり、ゴン太君状態に。。。
先生に見せても
「普通、ただのいびきで問題がない」
と言われましたが
「日中、リアはぬいぐるみか剥製状態で動きがない」
と言うと
「(そんなに言うのなら)血液検査をしましょう。
何か炎症が起きているのかもしれないので、検査項目を増やします」
と。
血液検査の結果はというと
「炎症反応があり、正常値の10倍以上あるので、リウマチかもしれない。
さらに血液検査をしましょう。
ただ外部に委託するので少し時間がかかる」
とのことでした。
その間、ステロイド剤を投与することになりました。
結構な量のステロイド剤でびっくりしましたが
飲ませた翌日からゴン太君状態が解消され
その次の日ぐらいからは体も元気になってきて
ご飯もモリモリ
きちんと座れる
ようになりました!
ステロイド剤ってすごい!!
即効効果があるんですね!!
でも、すごくのどが渇くみたいで
半端なく水を飲むようになり
しっこの量も多い、多い
あっという間にトイレシーツが減っていきます。
久しぶりに見た元気なリアでした。

よっぽど辛い状態だったんだね、ごめんね。

検査の結果、リウマチではなく
なんと
「全身性エリテマトーデス」
という病気の疑いが強いとのことでした。

何ですか全身性エリテマトーデスって感じでしたが
自分の免疫が自分自身を攻撃するようになっている
とのことでした。

ウチに戻ってググると

「免疫反応の異常により、自分の体を攻撃してしまう自己免疫疾患の一つです。エリテマトーデスには皮膚だけではなく、全身の臓器にも病変のある「全身性エリテマトーデス(SLE)」と皮膚にだけ病変がみられる「円板状エリテマトーデス(DLE)」の二つの種類があります。

原因は不明な点が多く、はっきりとは分かっていませんが、遺伝的要因、レトロウイルスの感染などが考えられています。また、紫外線への暴露は症状を悪化させるといわれています。細胞の核に対する自己抗体が作られ、その免疫複合体によって炎症反応を起こします。この免疫複合体が体の中の様々なところに沈着して組織を障害することで、全身性に様々な症状が認められます。

症状は元気消失、食欲不振、発熱、多発性関節炎による四肢の跛行、腎障害(たんぱく尿)、皮膚症状(脱毛、紅斑、水疱、潰瘍など)、筋の萎縮、浮腫や腹水など様々な症状が認められます。痒みの有無は症例によって異なります。 」(アニコムのどうぶつ親子手帳から引用)

でした。
症状の元気消失、食欲不振、発熱、多発性関節炎による四肢の跛行は当てはまります。

ステロイド剤は体への負担が大きいということなので
今では最初の1/4の量を投与しています。
そして、免疫抑制剤も並行して投与しています。

この免疫抑制剤の一日あたりの金額が高くてびっくりですが💦
あと飲ませることに結構ハードルが高い!!

先生からは最終的にはステロイド剤なしで免疫抑制剤だけにできたら理想と言われています。
先生の実家のわんこも全身性エリテマトーデスになったけど免疫抑制剤だけその後5年頑張ったとのことです。

うちに来て早々ケンネルコフをこじらせて大学病院
 ↓
眼に角膜ジストロフィー発症
 ↓
飛び跳ね失敗で左後脚十字靭帯切断
 ↓
またまた飛ぶ跳ね失敗で右後脚十字靭帯損傷
 ↓
右耳に種君侵入
 ↓
両耳の聴力をほとんど喪失
 ↓
全身性エリテマトーデス

いろいろありますね。。。
これからいろいろと大変になりそうですが
リアとともに頑張っていきたいと思います。

ちなみにステロイド剤を投与中は外出禁止とのことで
本当に箱入生活に突入しています
元気になってきたので散歩に連れてけとの主張が。。。

土星君を噛めるまで元気になったリアです↓

P1140028.jpg


ランキング参加しています

あなたの1クリックが励みになります♪
こちらもよかったら、よろしくお願いします

キャバリア ブログランキングへ
2018-04-30 11:46 | カテゴリ:リア姫
ジャンル:ペット テーマ:キャバリア
リアの耳、相変わらずほとんど聞こえていなさそうです( ;  ; )

この間、病院に行った時
先生が真剣な顔をして

「両耳、聞こえていないのであれば
末梢神経ではなく
中枢神経が何かの影響を受けているのかもしれません

痴呆が進んだ可能性もありますが
9歳だとまだ。。。

中枢神経に影響を与える可能性があるものとしては
脳腫瘍。。。
脳梗塞。。。
中枢神経を良くする薬はないので。。。

この先の診断に進むには更なる検査が必要で
それにはリスクがあるので
耳が聞こえていないという症状だけでは
なかなか決断がつかないです」

とうことでした >_<

あまり良い可能性が示されず
せめて現状維持を望んでいるんですが。。。
2018043001.jpg


ランキング参加しています

あなたの1クリックが励みになります♪
こちらもよかったら、よろしくお願いします
2018-03-25 11:26 | カテゴリ:リア姫
ジャンル:ペット テーマ:キャバリア
桜が満開になる時期になってきて
暖かくなりました!

お散歩も気持ちよい季節になったのですが
リアはというと
ここ最近めっきり老け込みました(´・_・`)

お散歩も出かける時は大喜びで出発するけど
近所を軽く散歩して終わり ○| ̄|_
寝ていて起き上がる時も
ドッコイショ
ちゃんと立てるかしら
って感じでヨロヨロした感じです

そして何と言っても老けたなぁと思うのは
耳がほとんど聞こえないみたい
なこと

以前と違って
おやつ缶を鳴らしたり
ご飯を器に入れる音をさせたり
ジーやのオナラの音に反応しないことがあったり
名前を呼んでも反応しなくなったり
ということがあって
歳を取って落ち着いてきたのかなと思っていたら

待て→「良し」の「良し」がわからなくなった
ということがあって
これは聞こえていないと確信しました(;д;)

先生に診てもらって
外耳に異常なし
目から悪くなるワンコが多いけど
耳からくるワンコも居るとのこと
内耳の血流が悪くなっているのかもしれない
ということで
血流アップのサプリメントを処方してもらいました
もっと強力な薬もあるけど脳内出血とかだったら危ないということで
サプリメントとなりました

静かな時に「リア」と大きな声で呼びかけると反応するので
完全に聞こえなくなったという訳ではなさそうです

でも不安そうで
べったりな甘えん坊ワンコになった今日この頃

慣れるまで不安だと思うので
なるべく不安を和らげるようにしたいと思います
サプリメントが効かないかな〜
2018032501.jpg

ランキング参加しています

あなたの1クリックが励みになります♪
こちらもよかったら、よろしくお願いします